【ボードゲームのおすすめ・レビュー】「テレストレーション」~爆笑必至!パーティー系伝言ゲーム~

シェアする

テレストレーション

どーも!アンプ(@boardgameblog)です!

今回のレビューはパーティー系伝言ゲーム「テレストレーション」!

イラストと言葉でつなげていくうちに面白い絵や勘違いが起こり、最初のお題とどんどんかけ離れた答えになっていくので、勝ち負け抜きでも毎回すごく盛り上がります!

プレイ時間も15分程度と短めで、お題の決め方をカードとサイコロで決めるので何度やっても飽きません。

絵の上手、下手は関係なく誰でも楽しめるゲームでもあり、もちろんボードゲームやアナログゲーム初心者の人も一緒にワイワイ楽しめるおすすめのボードゲームです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

テレストレーション基本データ

「テレストレーション」は、お絵かきと伝言ゲームを融合させたパーティゲームです。

カードボックス、クロスとさいころを準備します。カードのどちらのサイドを使用するかを決め、各プレイヤーはスケッチブックとペンとカードを持ちます。

さいころを振り、カードの対応する場所の言葉を書きます。その後1枚めくり、その言葉に対応した絵を描き、描き終わったらページをめくり、左隣のプレイヤーに渡します。渡されたプレイヤーは、直前の絵を見て、それが何かを想像して言葉を書き、左隣のプレイヤーに渡します。

これを繰り返し、自分のところまでスケッチブックが戻ってくるまでこれを繰り返し、正しくつながっているかどうかを判定します。

推測が正しく合うごとに1点を獲得、またもっとも印象のある絵の投票でも得点が入ります。これを3ラウンド行い、最も得点の高いプレイヤーが勝ちます。
(amazonより)

作品名:テレストレーション(英語:telestrations)
デザイナー:不明
メーカー:USAopoly(国内版発売:テンデイズゲームズ)
系統:インスピレーション系/ワイワイ&パーティー系/お絵かき系
人数:4~8人
時間:15分
ルール難易度:★☆☆☆☆(初心者でもすぐに遊べます)
対象年齢:12才~大人

テレストレーションのルール(遊び方)

  1. 各プレイヤーにスケッチブックとペンとお題カードを一つづつ配ります。
  2. サイコロを振り、お題カードに書かれている該当する番号のお題をスケッチブックの最初のページに書き、全員が隣へ渡します。
  3. 隣から受け取ったお題を見て、次のページに絵やイラストを書き、さらに左隣へ渡します。
  4. 隣から受け取り、絵やイラストを確認して何を描いているか言葉で書き、さらに左隣に渡します。
  5. 3、4、を繰り返し、自分のスケッチブックが戻ってきたら終了。最初のお題と最後が合っているか答え合わせをします。
  6. 推測が正しく合うと1点、最も印象のある絵の投票で点が入ります。これを3ラウンド行い、最も得点の高いプレイヤーの勝ちです。

実際にやってみるとわかるのですが、“直前に書かれたイラストや言葉”しか見る事ができないので、思いがけない勘違いが起こり、毎回プレイする度に面白くて笑えます!

▽スケッチブック。表紙に自分の名前を書きましょう。(水性マジックなのですぐに消せます。)
テレストレーション

▽お題カード。サイコロを振り該当した番号がお題になります。(例:サイコロが5なら羽子板。光の反射で見えにくいですが、1の場合は空欄なので自由にお題を決めることができます。)
テレストレーション

▽サイコロで決定したお題を最初のページに書いて左隣の人へ渡します。
テレストレーション

▽スケッチブックを受け取ったらお題を確認して、それを表す絵を書き、さらに左隣へ渡します。
テレストレーション

▽さらにスケッチブックを受け取ったら今度は絵を確認して、それを表す言葉を書きます。これを数回繰り返して最初のお題と合っているか確認します。
テレストレーション

▽こちらの動画もわかりやすいです!

テレストレーションはこんな人におすすめ!

  • みんなでワイワイ楽しめるアナログゲームが好きな方に!
  • ボードゲームやアナログゲーム初心者の方に!
  • 初対面の人とのアイスブレイクに!
  • お絵かきが好きな方に!
  • 長時間思考を使うゲームの箸休めに!

テレストレーションのココがおもしろい!

笑いが毎回起こり勝ち負け関係なく楽しめる!

通常のボードゲームは勝ち負けがハッキリしていますが、このテレストレーションは勝ち負けはさほど重要ではありません。

お題を間違えず最後まで伝わった時は協力できて嬉しいし、たとえどこかでお題と変わってしまっていても、味のあるイラストやちょっとした勘違いで笑いが起こり、参加者全員が楽しめるゲームです!

ボードゲーム初心者や上級者、年齢や性別も関係なく楽しめる点も良いですね。初対面の人が多い場合も最初にテレストレーションをプレイするだけで打ち解けやすいと思います。

こういうタイプのアナログゲームは他には無いですね!

▽お題は羽子板です。
テレストレーション

▽ここまでは羽子板ってわかるかな…
テレストレーション

▽いつの間にかお正月になっていました。(笑)
テレストレーション

ミープル達の感想

レッドミープル
ゲーム初心者代表:レッドミープル
お絵かきが好きだし、笑えてとても面白かったよ!またやりたい!

グリーンミープル
ゲーム中級者代表:グリーンミープル
ボードゲーム会でも定番のゲーム。ボードゲーム初心者の人も一緒に手軽に遊べて重宝してるよ。

ブラックミープル
ゲーム上級者代表:ブラックミープル
思考や戦略のゲームではないからプレイ感は重くない。子供や親戚と遊ぶゲームとしても丁度良いな。

笑いが必ず起きる奇跡のボードゲーム?!

テレストレーションは私も何度かプレイした事がありますが、どんなメンバーとやっても必ず笑いが起きます!

「イラスト」と「言葉」を交互に書くという点も絶妙ですね!

イラストだけの伝言ゲームの場合、前に書いた人に似せて書くことができます。しかし、「イラスト」と「言葉」を交互に書くことで、同じものでも全く違う絵になり、その絵を見た人も勘違いが起きやすいです。

その勘違いや味のある面白い絵が笑いを生むんですね。グループ内に大体一人は画伯と呼ばれる人がいます。(笑)

テレストレーションは「笑いが必ず起きる奇跡のボードゲーム」なのかもしれませんね!