シェアする

ボードゲームカフェ旅日記~ジェリージェリーカフェ池袋店編~

シェアする

お久しぶりのアンプ(@boardgameblog)です!

先日、とある用事があり東京へ行ったのですが、空き時間が暇だったのでボードゲームカフェ巡りをしてきました!

どこへ行けば良いのかわからず適当にネットで調べてみると、初心者向けのボードゲームイベントが行われるということで「jelly jelly cafe 池袋店」へ。

ジェリージェリーカフェ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

BATTLE SHEEP(バトルシープ)

ジェリージェリーカフェ

羊のコマを置いていく運要素の少ないアブストラクトゲーム。かわいい絵柄とは裏腹に考えどころも多い陣取りゲームです。ルール自体は簡単なので初心者におすすめですね。盤面も組み替えられるので何度もやりたい!

あてっこついたて

ジェリージェリーカフェ

とあるテーマ沿って自分に書かれているキーワードを当てるパーティーゲーム。何人かが思考のドツボにハマってしまい答えられませんでした。(外野から見るとそれも面白い)
キーワードがわからず結局ギブアップしましたが、答えを見ると「なんでわからなかったのだろう…(泣)」という答えだったので悔しいですねー。これもまたやりたい!

ピクテル

ジェリージェリーカフェ

最近何かとメディアに取り上げられている(気がする)「ピクテル」。お題を様々なマークが書かれた透明なプレートで作り、それを当てるというこちらもパーティー系のゲームですね。
マークを組み合わせるだけなので、絵が苦手という人でも十分楽しめます。

ザ・ゲーム

ジェリージェリーカフェ

協力型ゲームとして知名度が上がっているカードゲーム。最初はうまくいかなくても何度かやるうちにクリアできるようになってきます。小箱なので手軽にプレイできる使い勝手の良いゲームです。

スコットランドヤード

ジェリージェリーカフェ

有名なボードゲームなので名前は知っていましたが、実は初プレイ。一人が逃亡者、残りがそれを追うという形式の1対多数の協力型ゲームです。
移動手段とそれを使える回数が決まっているので、「次はあっち行って!」「俺はここで待ち伏せするよ!」など、自然とチームワークが生まれてきます。犯人を追い詰めるときはあと何手でいけるか考えるので、将棋やチェスが好きな方にもおすすめ。

SARKOPHAG

ジェリージェリーカフェ

ミイラを引き取ってはダメというカードゲーム。ルールは簡単ですが、手札のカードを出すタイミングが悩むのでニムトとかにプレイ感が近いかな。何度かプレイしましたが最後までコツがわからなかった(笑)

ベガス

ジェリージェリーカフェ

東京滞在中に何度もやったダイス系ゲーム。基本的にはサイコロを振り、お金が欲しいボードへベットするだけ。ですが、サイコロ運や他の人のベットする場所など駆け引きの要素も大きい。
これでダイス系ゲームの面白さにガッツリハマりました(笑)ボードゲーム経験者問わず、最後まで気が抜けない手に汗握るゲームです。

ESCALATION(エスカレーション)

ジェリージェリーカフェ

ライナー・クニツィアという有名なクリエイターが作った新作のカードゲーム。手札からカードを出していき、出せない人がカードを引き取るタイプのゲームです。
手札を無くす=積みゲーを減らしていくという意味だそうで、箱やカードに書かれているボードゲームをモチーフにしたイラストもポップでいいですね。

この日はラストまで残ってボードゲーム三昧。贅沢すぎる(笑)

東京ボードゲーム旅日記はまだまだ続きます。次回をお楽しみに!